メニュー
閉じる

保険会社によるインパクト投資拡大の取り組み

2021年5月27日
ロベコ・ジャパン株式会社

【ロベコの保険会社向けソリューション】

サステナブル投資は保険会社の経営アジェンダにおいて最優先課題となり、世界中で関心が膨れあがっています。5年ほど前には、投資基準の一部に「ESG統合」という比較的新しい概念を採用することを検討していたのは、ヨーロッパ北部の保険会社が中心的でした。その後、世界的に気候変動に対する懸念が急速に強まるなかで、また新型コロナウイルスの感染拡大が生活様式を一変させたことを受けて、環境、社会、ガバナンスという要素が世界的に注目されるようになりました。米国やアジアの保険会社は、2021年以降の最優先課題としてサステナブル投資を挙げています。一方、その取り組みにおいて、インパクトを与える方法は必ずしも明確ではありません。

要点

  • サステナビリティのアジェンダにおいてインパクト投資が一段と重要に
  • 持続可能な開発目標(SDGs)はインパクトを与える手段を提供
  • ロベコの戦略は保険会社のユニットリンク・プラットフォームやバランスシート上の運用において利用可能

 

レポート詳細はこちら:「保険会社によるインパクト投資拡大の取り組み」

お問い合わせ

ロベコ・ジャパン株式会社 営業部 

TEL  03-4589-5570 

Eメール japan.sales@robeco.com

ウェブサイト www.robeco.jp