メニュー
閉じる

SI Opener:気候変動のアンビションに合致したポートフォリオの構築

2021年2月2日
ロベコ・ジャパン株式会社

昨年12月にNZAM(ネットゼロ・アセットマネジャーズ・イニシアティブ)が創設され、ロベコは創設署名機関の1社に名を連ねました。創設署名機関30社の保有資産残高は、合計で9兆米ドルを上回ります。地球温暖化を1.5℃に抑制する世界的な取り組みと足並みを合わせる形で、各署名機関は2050年までの温室効果ガス排出量ネットゼロ実現にコミットしています。 さらに、この目標に即した脱炭素化のゴールを設定すべく顧客との協調を図ります。

要点

  • 2021年は気候変動のアンビションをポートフォリオにおいて具現化することが重要な課題に
  • 5年サイクルでの目標設定が重要な柱
  • スコープ3排出量を含む、将来を見据えた計画が必要

 

気候変動のアンビションに合致したポートフォリオの構築」をダウンロード

 

※「SI Opener」シリーズは、サステナブル投資と人間の進歩に関連する問題を取り上げ、新しい気付きとなるような内容をお届けする記事シリーズです。