メニュー
閉じる

【CNS】債券を超える投資効果 -機関投資家のポートフォリオにおけるハイブリッド証券の役割-

2021年1月13日
コーヘン&スティアーズ

ほとんどが投資適格の格付を有する発行体が発行するハイブリッド証券は、発行体のクレジット・リスクをとることなく、証券の劣後性によってもたらされる相対的に高いインカムを投資家様にご提供できる資産クラスです。

またハイブリッド証券は、固有の繰上償還(コール)特性や多様な金利リセット構造を有するため、高水準のインカムを生み出しているにも関わらずデュレーションは短期から中期程度に留まっていることに加え、発行体が主に景気感応度の低い企業で構成されるため、投資適格社債やハイ・イールド債とのセクターの重複が少ないことも魅力として挙げられます。

本レポートでは、各債券アセットクラスと比較しながら、これらのハイブリッド証券の魅力について詳しく解説いたしました。


<レポート詳細はこちら>
債券を超える投資効果

 


<コーヘン&スティアーズについて>
上場不動産証券やインフラ株などの実物資産およびハイブリッド証券等のオルタナティブ・インカム資産に特化した資産運用会社です。米国ニューヨークを拠点に、グローバルで約705億米ドルの運用資産残高を有しています(2020年9月末時点)。

ウェブサイト:https://www.cohenandsteers.com/jp/


<お問い合わせ先>
レポートの内容等、詳細については以下連絡先までお問い合わせくださいませ。

機関投資家営業部 寺本・野勢
03-4530-4715
CNSTokyo@cohenandsteers.com