メニュー
閉じる

【CNS】不動産証券の2021年の見通し

2020年12月24日
コーヘン&スティアーズ

2020年、リートはコロナ禍による経済活動の停止の影響を受けやすいセクターを中心に、全般的に不冴えな展開となりました。

しかし2021年以降、新型コロナワクチンの普及を背景に景気回復が本格化するなかで、リートは株式市場に対してアンダーパフォームする局面から抜け出し、絶対ベースおよび相対ベースの両方において突出したリターンを発揮する可能性が十分にあると見ております。

本レポートでは、主に米国市場を中心に、以下4つのカテゴリーに分類して見通しや投資機会の分析を行いましたので、ご一読いただければ幸いです。

(1)長期的な恩恵を受けるリート
(2)ワクチン主導の回復が期待できるリート
(3)経済主導の回復が期待できるリート
(4)構造的な課題を抱えるリート

 


<レポート詳細はこちら>
リートに対する最新の視点-2021年以降の見通し-

 


<コーヘン&スティアーズについて>
上場不動産証券やインフラ株などの実物資産およびハイブリッド証券等のオルタナティブ・インカム資産に特化した資産運用会社です。米国ニューヨークを拠点に、グローバルで約705億米ドルの運用資産残高を有しています(2020年10月末時点)。

ウェブサイト:https://www.cohenandsteers.com/jp/


<お問い合わせ先>

機関投資家営業部
03-4530-4715
CNSTokyo@cohenandsteers.com