メニュー
閉じる

【レポート】プライベートデットとインフラデットの比較

2020年12月8日
AMPキャピタル

AMPキャピタル

 

非上場インフラ劣後債への投資に際して多くの投資家が検討しなければならないのは、アロケーションの位置づけです。非上場インフラ・メザニンが有する特徴の一部は、その他多様な資産クラスと共通しており、慎重な検討が必要です。

各自の分散型ポートフォリオに特化した様々な理由を背景に、機関投資家におけるインフラ・メザニンデットの見方は異なってきますが、その多くは、プライベートデット、インフラストラクチャー・エクイティ、オルタナティブ、債券のいずれかに位置付けています。

また、「分散型ポートフォリオにおけるインフラデットの活用」と題したレポートでは、分散型ポートフォリオの観点から非上場インフラ劣後債を考えるにあたっての枠組みを提供しています。

当社の経験からすると、類似した投資の特徴を持つプライベートデットのアロケーションにインフラ・メザニンを含める投資家が多くなっています。このレポートでは、足元のプライベートデット市場を検討し、非上場インフラ・メザニンデット戦略とその他プライベートデット戦略の特徴を比較していきます。

 

この続きは、こちらからご覧いただけます:
https://www.ampcapital.com/jp/ja/insights-hub/articles/2020/august/assessing-private-credit-and-infrastructure-debt

 

———————————————————

お問い合わせ

法人営業部
japan_institutional_business@ampcapital.com

———————————————————

AMPキャピタルについて

170年を超える歴史と実績を誇るAMPグループの資産運用会社。インフラと不動産に強みを持ち、債券、株式、マルチアセットなど多様なソリューションを提供しています。2001年以降、AMPキャピタルは世界各地で合計78資産、総額88億米ドル規模のインフラデット投資を行っています(2020年6月末時点)。

ウェブサイト:www.ampcapital.com/jp/ja/insights-hub
LinkedIn:www.linkedin.com/showcase/amp-capital-japan/

———————————————————