メニュー
閉じる

生保一般勘定の予定利率引下げ

2020年12月23日
高松 博之 / 野村證券 フィデューシャリー・マネジメント部 エグゼクティブ・コンサルタント

大手生保会社が生保一般勘定商品の予定利率引下げを発表した。当該社の商品を採用している年金基金は、ポートフォリオの再検討が必要になるなど少なからず影響を受けるであろう。今後は他の生保会社の動向が注目される。

それにしてもなぜ、今の時期に予定利率引下げに踏み切ったのであろうか。報道によるとコロナショックによる世界的な低金利が背景とのことである。確かにそういう理由もあるだろうが、筆者は別の要因もあるのではと考えている。

ここから先は会員登録が必要です。

会員登録をされている方

高松 博之

野村證券 フィデューシャリー・マネジメント部 エグゼクティブ・コンサルタント