メニュー
閉じる

プライベート資産投資におけるエクスポージャー維持の重要性

2020年9月24日
細谷 弥穂 / マーサージャパン 資産運用コンサルティング部門 シニアコンサルタント

世界的な低金利の環境下、プライベート資産への需要はますます高まっている。

魅力的なリターンの獲得、ポートフォリオのボラティリティ低減に対する期待がその背景にある。一方、こうした利点を享受するには、プライベート資産の特性に留意した投資が必要となるが、その中でも今回はエクスポージャーの維持の重要性について考察したい。

プライベート資産では、コア型の不動産ファンドを除き、キャピタルコール方式のクローズドエンド型のファンド形態が主流である。

この形態のファンドは、

ここから先は会員登録が必要です。

会員登録をされている方

細谷 弥穂

マーサージャパン 資産運用コンサルティング部門 シニアコンサルタント