メニュー
閉じる

【投資家アンケート】「生保一般勘定」の予定利率引き下げを受けて

2020年12月16日

先日、大手生命保険会社より一般勘定の予定利率を従来の1.25%から0.25%へと引き下げるとの発表がありました。2021年10月から引き下げが実施されるとのことです。

企業年金の運用資産のおよそ2割を占めると言われる生保一般勘定の予定利率が大幅に引き下げられることは大きなインパクトであり、今後、他の生命保険会社も追随した場合、影響は一層大きなものとなるはずです。

そこで、このアンケートでは、企業年金の皆様に「生保一般勘定」の状況や、今回のニュースを受けたご意見、今後の影響の予想などをうかがいました。

ご協力頂いた皆様には厚く御礼申し上げます。

ここから先は会員登録が必要です。

会員登録をされている方