メニュー
閉じる

学校法人と資産運用
日本版"エンダウメント"拡大のカギは何か?

2021年3月25日

調査から浮かび上がる学校法人資産運用の現状と課題

弊誌『オル・イン』はこのほど国内学校法人を対象に、資産運用に関するアンケート調査を実施した。その結果をもとに学校法人の運用の現状を検証しつつ、直面する課題を探っていきたい。

 

海外で「アセットオーナー」と言えば、年金基金や金融機関、富裕層の運用を担うファミリーオフィスなどと並んで、「エンダウメント」(University endowment)も主要プレーヤーの一角を担っている。エンダウメントとは、大学などの教育機関が寄付金をもとに基金を設立し運用するもので、米国のハーバード大学やイェール大学の資産運用が特に有名だ。

ここから先は会員登録が必要です。

会員登録をされている方