メニュー
閉じる

VUCAの時代に変化するポートフォリオ構築アプローチ

2021年3月25日
木村 倫啓氏 / タワーズワトソン・インベストメント・サービス 代表取締役社長 兼 コンサルティング部長

現代のビジネス環境を称してVUCAと言うようになって久しい。VUCAとはVolatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字であるが、資産運用の世界にも当てはまることは異論のないことだろう。資産運用の世界においては、慣行的に正しいアプローチとして、金融理論に基づく手法や慣行がさまざまな現場で実践されている。例を挙げれば、平均分散アプローチによる最適化の手法もその一つであるし、年金基金が長期のリスク・リターンの期待に基づき政策アセットミックスを策定することもその一つであり広く浸透している。

ここから先は会員登録が必要です。

会員登録をされている方

木村 倫啓氏

タワーズワトソン・インベストメント・サービス 代表取締役社長 兼 コンサルティング部長