メニュー
閉じる

運用手法分散の重要性

2020年12月23日
長尾 雅彦 / 格付投資情報センター(R&I) 資産運用コンサルティング事業部 担当部長 チーフコンサルタント

内外株式市場は、コロナ禍の影響で大幅な下落に見舞われたものの、米国FRBの金融政策や早期の景気回復期待によって大幅にリバウンドしている。さらに、最大の懸念であった米国大統領選挙後も、ねじれ政府をポジティブに評価しているようだ。

今年度の年金資産運用において、株式収益は十分な水準となっているが、超過収益面で話題となるのが、バリュー・グロースの較差である。

ここから先は会員登録が必要です。

会員登録をされている方

長尾 雅彦

格付投資情報センター(R&I) 資産運用コンサルティング事業部 担当部長 チーフコンサルタント