メニュー
閉じる

イベント・リスクとテールリスク・ヘッジ

2020年12月23日
久保田 徹 / タワーズワトソン・インベストメント・サービス ディレクター

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけとした本年3月の市場の大幅な下落時において、「ブラック・スワン」の著者ナシーム・タレブ氏がアドバイザーを務める運用会社のテールリスク・ヘッジ・ファンドが単月で3,612%のリターンを上げたとされる一方で、米国最大の公的年金CalPERS(カリフォルニア州職員退職年金基金)が、同ファンドを含むテールリスク・ヘッジ・プログラムを、高コストなどを理由に昨年10月に解消していたため大きな機会利益を逸したと伝えられた。

ここから先は会員登録が必要です。

会員登録をされている方

久保田 徹

タワーズワトソン・インベストメント・サービス ディレクター